2015年12月10日木曜日

UNDERGROUND GUIDE TO TOKYO PART 1

先日、海外から唯一無二の親友が来日。
で、仕事関係なく、全力で4日間ガイド。
初日は、旅の疲れもあるので軽めに。





















まず、彼の仲間も引き連れ計6人で
絶品の豚を食べに予約したお店へ。
オープンから通っていましたが、
今や超人気店。もう少し大きな店舗へ
移転するというので、こちらはでは最後。
大盛(700g/2000円)を3つ注文。




















焼きあがるまで、定番のきゃべつに、
ピリ辛の味噌を付けながら待機です。
そして、かしら、たん、なんこつ、
はらみ、はつ、れば、こぶくろ、
がつ、しろ、という10種類を堪能。
食べたことない部位も多いらしく、
訝しがる輩もおりましたが(笑)、
食べて満足、次へ向かいます。






















今回のシリーズでは、過去に登場した
お店と重複することもありますが、
そこはご勘弁を。で、近くの天婦羅。




















皆が写真を撮りたいというので、
ご主人の調理姿なども好意で
撮らして頂きます(燻銀ですね)。




















ここで、お酒があまり飲めない3人を
駅まで送り届け、飲み足りない3人は
引き続き魚を色々と堪能。




















もちろん、相棒は大徳利(1450円)。
そして、シメは鉄板の白子汁。
さて、長いツアー・ガイド、続きます。